Felicity Life

この時代をラクに豊かに生きる!ゆとり世代の夫婦ブロガー。

GW最後はプランターでプチトマト栽培に挑戦!


今日は娘とプチトマトの植え付けをしました。
お手軽なプランターでの家庭菜園にチャレンジです!

きっかけ

娘は、公園で砂遊びが大好き
プチトマト大好き

じゃあ家庭菜園やろう!

と思いついたわけです。単純思考ですね。
まだ1歳10ヶ月なのでどこまで楽しめるかは謎ですが、これから毎年の恒例にして行きたいと思ったわけです。

プチトマト家庭菜園の下調べ

家事、育児に支障が出ては意味がありません。
なので手軽にできるプランター栽培を選びました。

そして栽培のポイントはここ参考にしました↓
kateisaien01.com

基本的にこれを見ながらやれば失敗しないはずです!
なのでこのブログでは、実際に購入したものやどこで買ったかをレビューしたいと思います。

揃えたものはこちら

  • プチトマトの苗(カインズホーム) 4つで600円
  • 土(カインズホーム) 500円
  • プランター(コメリ) 700円×2
  • 支柱(コメリ) 100円×4
  • 鉢底石(ダイソー) 100円×4
  • 麻ひも(ダイソー) 100円
  • ビニール紐(ダイソー) 100円
  • じょうろ(持ってた)
  • シャベル(持ってた)

カインズホーム、コメリ、ダイソーで買いました。
安いものをうまく組み合わせて見ました。全部で3000円ほどで揃えられました!
苗が意外と安いんですね!!知りませんでした。プランターや支柱は繰り返しつかえるので次回以降は1000円以下でできる!

たまたま3店舗行く用事があったので、安く揃えましたが、カインズホームだけ、コメリだけでももちろん全て揃います^_^

プチトマトの苗(カインズホーム)


苗には普通の「実生苗」と、改良版の「接木苗」があります。
価格は実生苗が100〜200円程度、添え木苗が300円〜500円程度です。
接木苗のが簡単で失敗しないとのことでしたが、タネから育てた実生苗を選びました。
失敗したらそれも経験かなと思うので^^

プチトマトの品種は3種類選んでみました。
最安値70円の苗、甘さが人気のアイコなどです。育てていく中でどんな差が出るかも楽しみです。

土(カインズホーム)


迷わず野菜用の土にしました。肥料があらかじめ入っているので初心者向きとのこと!

プランター(コメリ)


プチトマトは根を大きくはるのが特徴です。小さいプランターだと育ってくれないので、深くてゆとりのあるプランターを選ぶ必要があります。
私が買ったサイズだと、苗を2つ植えられます。
※深さ、幅共に30cm以上は必要とのこと!

うちみたいに今後野菜を育てて行きたいな!って方は深めのを選んでおけば間違い無いです。

支柱(コメリ)

プチトマトはかなり背が高くなるので、150cm以上の支柱が必要です。
場所的に難しい場合は、らせん状のプチトマト専用支柱も売っていました。これならぐるぐる巻いて育てれば長さを稼げます。

鉢底石(ダイソー)


プチトマトは、ジメジメを嫌います。水はけを良くするために鉢底石を敷き詰めます。
プランターは地植えと比べて水が溜まりやすいので注意しなければいけないポイントですね。

苗植えの様子


「じゃらじゃら石入れるの図」

「土に飛び込むの図」

早速、1歳10ヶ月の娘と苗植えにチャレンジです。
もうちょっと大人しく土を掘ったり苗植えたりできるかなーと思ったんだけど、甘かった。。
プランターに入り込んだり土をポイポイしたり支柱を振り回したり・・・。想像を超えた暴れっぷりでしたが、終始楽しんでくれたのでよかった!

手順は意外と簡単でした。
プランターに、鉢底石敷き詰めて、土入れて、支柱を立てて、苗植えて、たっぷり水をあげればおしまい!!
※ポイントは支柱をしっかり固定することと、苗は折れやすいので優しく扱うことですかね!

完成!

まとめ


家庭菜園を始めてみて、新しいこと調べて実践するの楽しいな!と感じました。
これからプチトマトの成長を娘とともに見ていけるので、楽しみが増えました!

ベランダにはまだ空きスペースがあるし、植える時期も5月中までならOKなので、他の夏野菜にもチャレンジしてみようと思います。