Felicity Life

この時代をラクに豊かに生きる!ゆとり世代の夫婦ブロガー。

ストライダーの縦置きスタンドDIY 2500円で便利&スマートに保管できた


おはようございます。よーろです。
先日わが家にもストライダーがやってきました。娘の2歳の誕生日にプレゼントしたんです。今回はそのストライダーの収納の話。

ストライダーは小さいんですが、玄関に置くとインパクトあって結構邪魔になるんです・・。
今まで壁に立てかけていたんですが、日々小さなストレスになってました。これはどげんかせんといかん!とDIYに挑戦です!

ストライダー純正のスタンドもある

ストライダー オプションパーツ/ インターロッキングスタンド

ストライダー オプションパーツ/ インターロッキングスタンド

ストライダーには純正のスタンドもあります。これはそのまま横置きで止めるタイプ。これだと場所の節約にならないんですよね。ただ倒れないだけっていう・・。

やっぱりDIY

自分の欲しいものはDIYに限りますね。場所の節約&スマートさを実現するために縦置きスタンドに挑戦します。
予算2〜3000円で、既製品を上手く使いつつ手作りしていきたいと思います。
DIYに慣れていないママさんパパさんにも真似ができるよう出来るだけ簡単に作ります。それでは行ってみましょう!!

まずは完成図から


こんな感じの縦置きスタンドが出来ます。使い方はストライダーの前輪をフックに掛けるだけ。省スペースでカッコよく収納できました。
実用性としては、まず2x4木材を柱に使用しているので、泥だらけのタイヤでも元の壁は汚れません。そしてヘルメットフックも付けたので可愛くディスプレイ&便利に使えます。

用意するもの


2×4木材 740円 (カット代込み)
ディアウォール 870円
自転車専用フック 790円
フック(ヘルメット掛け用) 80円

合計: 2480円です!

DIY手順

①天井の高さを測る

ディアウォールは天井と床を突っ張るように固定するので、天井高を測りましょう。わが家の長さは2400mmでした。

②ホームセンターで切断

2×4木材を購入した際、一緒に切断もお願いしましょう!今回のDIYで手抜きをする一番のポイントです。格安なので是非活用しましょう。ジョイフル本田では50円でした。

長さは「天井高-4cm」です。←重要
(なので、うちの場合は2360mm。)

③ディアウォール取り付ける

家に帰ってきたら早速取り付けましょう。2×4木材の上部にバネのついたディアウォールをセットします。下部にももう一つのディアウォールをセットします。木材の長さが合わない場合はこの下部で調整します。



あとはディアウォール上部を設置したい天井にあてがって、木材を壁に向かって斜めに押し込んで行きます。真っ直ぐになるように固定しましょう。

④柱に自転車フック取り付ける

次は自転車フックをビスで取り付けます。木材への取り付けなので電動ドライバーがあれば楽勝です。
※位置決めは2人でやることをおすすめします。1人がストライダー持って、1人が自転車フックの位置を決める感じ。(私は1人でやりました。。)

⑤完成

以上で完成です!
見ての通りとっても簡単で、要するにディアウォール設置して自転車フック固定するだけです。

★おまけのオプション
上の①〜⑤の手順で実用性ある縦置きスタンド作成できますが、少しアレンジしたい方は是非!
・柱を塗る
インテリアにマッチするようステインを塗って男前にしたり、ホワイトにして目立たないように出来ます。手順③の前に実施すればOK。

・ヘルメットホルダーつける

フックを取り付けるだけです。ストライダーとヘルメットが1箇所にまとまるだけで、なんだかオシャレになる気がします。実用性も◎なので是非付けて欲しいです。

DIYして良かったところ

安く満足するものが出来た

総額2000円ちょいで出来ました。
ストライダー使わなくなったらディアウォールはほかのDIYに使いまわすことができるのでお得です。

理想の縦置きが出来た

宙に浮いたことで玄関が広くなりスッキリました。今回大人用の自転車フック使用しているので、強度も心配ありません。

ストライダーが2台あるお家は上下縦に2台分並べられますよ。

賃貸でも安心

壁にいっさい傷つけません。これを機にディアウォールにハマりそうです。木材にタイヤが当たるので壁も汚れません。

場所の自由度が高い

玄関じゃなくても、インテリアとして廊下や部屋でも設置OKです。一度設置した後の移動も比較的簡単。突っ張りで固定しているのでディアウォールを引き抜くだけです。

まとめ


以上、今回はストライダーの縦置きスタンドのDIYでした。
玄関は毎日毎日目にとまる場所なので、スマートに収納したいものです。ちょっと頑張れば誰でも作れるので参考にしてみてください!

夏休みのDIYでした!